【40代の転職に!】転職エージェントおすすめランキング

40代男女の転職を成功させるために。

数ある転職エージェントのなかから40代男女の転職にとくにオススメできる転職エージェントをランキング形式で紹介します。

本題にはいる前にまずは転職エージェントとはなにかをざっくりと。

転職エージェントとは…

あなたの転職をサポートしてくれるキャリアアドバイザーのこと。準備ゼロの状態から転職をサポートしてくれるサービスとして一般的な転職サイトとは区別されます。

転職エージェントを使うメリット10選

  1. 無料で利用できる
  2. キャリア相談できる
  3. あなたの希望にあう求人を探してくれる ※特に大きなメリットは非公開となっている求人の紹介を受けれること
  4. 選考書類を添削してくれる、書き方なども教えてくれる
  5. 面接で聞かれることを教えてくれる
  6. 応募する企業の内情を教えてくれる
  7. 企業へのエントリーを代行してくれる
  8. 選考対策ができる
  9. 面接日程調整や年収交渉などを代わりにやってくれる
  10. その他いろいろ
    ・あなたが「めんどくさいなぁ」と思うことは基本、何でもやってくれます

でも世の中このような転職エージェントサイトはたくさんあります。

「結局どれがいいの?」と迷ってしまうことも事実。

そこで。

40代男女の転職におすすめの転職エージェントをランキング形式で紹介していきます。

この記事の目次

40代男女の転職に!おすすめエージェントランキング

これからダラダラと40代男女の転職におすすめの転職エージェントを紹介していきますが、情報量が多すぎるため、まずは結論を。

あなたのタイプ別におすすめ転職エージェントをランキング形式で表に整理します。

1. すべての40代男女におすすめの転職エージェントランキング

まずはあなたがどんな学歴・経歴であれオススメできる転職エージェントランキング。

有名どころの総合型転職エージェントであれば、どんなタイプの利用者にもちゃんとサポートし、ちゃんとした求人を紹介してくれます。

おすすめ転職エージェント
ランキング
詳細
説明
公式HP
【1】リクルートエージェント 詳細 公式
【2】DODA 詳細 公式
【3】パソナキャリア 詳細 公式

※他にも転職エージェントはたくさんありますが40代男女はサポート対象外となることが多く、ここに載せていない中堅~小規模の転職エージェントはオススメできません。

※ただし経歴によってサポートを断られることがあります。あらかじめご了承ください。

2. 管理職以上の40代男女におすすめ転職エージェント

つづいて。

いまお勤めの会社で管理職以上の40代男女のかたは、これから紹介する転職エージェントに登録することをオススメします。エグゼクティブ・ハイクラス転職のくくりに入りますので。

ハイクラス(年収高い)に近いキャリアをもっている方には以下のようなミドル~ハイクラス特化型の転職エージェントがオススメです。

おすすめ転職エージェント
ランキング
詳細
説明
公式HP
【1】JACリクルートメント 詳細 公式
【2】ビズリーチ 詳細 公式
【3】リクルートエージェント 詳細 公式

※どんな転職をするにせよ転職実績No.1【リクルートエージェント】は登録必須。

ハイクラス・エグゼクティブの転職をうたっているだけあって「JACリクルートメント」「ビズリーチ」は求人の質がほかより圧倒的に高いですね。

なお。

ビズリーチは無料お試し期間をすぎるとスカウト機能がつかえなくなり、実質的にはほとんど無意味な転職サイトになってしまいます。

それが嫌だというあなたにはスカウト型の転職サイト【リクナビNEXT】がオススメ。案件の質はビズリーチのほうが上(筆者の経験則)ですが…

公式サイト【リクナビNEXT

自分にあった転職エージェント選びが大事!

「40代男女の転職」とひとことでいっても派遣の40代男女、正社員の40代男女、マネージャークラスの40代男女までいろんなタイプのヒトがいます。

また。

大企業で専門性の高い仕事を経験したヒトもいれば、一般職の仕事で雑用ばかりこなしていたというヒトもいるでしょう。

あなたがどういう学歴・経歴をもっていて、これからなにを目指すかによって選ぶべき転職エージェントは違います。

自分にあわない転職エージェントをつかうくらいなら、そもそも使わないほうがマシ。

たとえば20代の転職につよみをもつ転職エージェントに40代男女のひとが登録したら…「あなたに紹介できる求人はありません」とあっさりサポートを断られてしまいます。

しかし使ってみなければわからない…

すなわち。

私にとっての最適な転職エージェントがあなたにとっても素晴らしいとは限りません。

友人からオススメされた転職エージェントがあなたにとって素晴らしいとも限りません。

結局のところ自分の目で確かめていくしかないのですよね。

ということで。

最低でも3つの転職エージェントをまずはつかってみて、自分にあったエージェントに絞っていく、という使い方をおすすめします。

40代男女は転職ムリって本当!?

つづいて一般的な誤解を解くために。

「40代すぎると転職はムリ」っていうのが本当かどうかを検証します。

※出所:厚生労働省 東京労働局「2018年6月の関東圏有効求人倍率」

添付の資料は2018年6月における関東圏の年齢別・職業別の求人倍率です。

ちなみに求人倍率とは仕事を探している1人あたり何件の求人があるかを示すもの。

求人倍率が1であれば1人につき1件の求人があり、1よりも高ければ転職者にとっては「売り手市場」ということになります。逆に1よりも低ければ雇い主有利となり「買い手市場」ということになります。

これは関東圏のデータなので地方よりも求人倍率は高いと思われますが…

ざっくり40代男女の転職市場について整理しておきましょう。

ハローワークにおける統計であるため実際の数字とは乖離があります。

35~44歳男女の求人倍率は1.18倍だが…

35~44歳男女の求人倍率はそれなりに高く1.18倍。

つまり1人の仕事を探している人にたいして1.18件の求人があるよ、ということ。

数字だけみると「なんだ、求人倍率1超えてるなら楽勝じゃん!」と感じるのですが…これはどんな職業でもいい、という人ならそうだということであって。

重要なのは求人の質というか中身。データを分析すると以下のことが言えます。

  1. 保安の職業(たとえばオフィスビルの警備員)がずばぬけて高い傾向。求人倍率はなんと17.4倍!
  2. ブルーワーカー・肉体労働系の求人倍率もたかく、のきなみ2倍を超えている。
  3. ホワイトカラーの管理的職業(マネージャー)の求人倍率も高い。マネージャー以上の求人に応募できる経歴の持ち主は40代男女といえども転職チャンスおおし!
  4. 専門的/技術的な職業の求人は年齢をとわず需要おおし。求人倍率1を超える。
  5. 営業職も求人倍率1を超える。
  6. 生産工程の仕事(工場オペレーターなど)も40代でも底堅い求人がある。

45~54歳男女の求人倍率は0.95倍だが…

45~54歳男女となると求人倍率は1を下回り0.95倍。

つまり1人の仕事を探している人にたいして0.95件の求人があるよ、ということ。

数字だけみると「求人倍率1近いなら楽勝じゃん!」と感じるのですが…これはどんな職業でもいい、という人ならそうだということであって。

求人の質が大事なのでこちらもザックリと分析を。

  1. 肉体労働系やブルーカーラーの求人倍率がずばぬけて高い。
  2. ホワイトカラーの管理的職業(マネージャー)の需要もそれなりにある。
  3. 専門的/技術的な職業の求人は年齢をとわず需要おおし。求人倍率1を超える。
  4. 営業職も求人倍率1を超える。
  5. 生産工程の仕事(工場オペレーターなど)も40代でも底堅い求人がある。

40代男女の転職は厳しいが、そんなにダメじゃない

ということで。

これまでのデータを総括すると40代男女でも求人はあるにはあるけど、ブルーカラーや肉体労働系の求人がずば抜けて多く、あとはやっぱり34歳以下の転職者をもとめる企業が多いということ。

ただし例外もあります。

それが以下の職業。

  1. 「販売の職業」つまり営業やマーケティング職
  2. 「管理的職業」つまり課長以上のマネージャーや役員
  3. 「専門的・技術的職業」つまり研究職など専門性の高い仕事
  4. 「生産工程の職業」つまり工場のオペレーターや品質管理など

これらの職業であれば40代男女であろうと十分に転職チャンスあり。売り手市場です。

ということで40代だからといってそこまで悲観する必要はなく、あなたとエージェントの頑張り次第ではキャリアアップすることもできますし、希望にそった転職もできるチャンスあり。

ハローワークにおける統計であるため実態は違う

あと重大な注意点として。

この求人倍率はハローワークにおける統計です。

したがって注意点として以下をあげておきます。

  • 転職エージェントがもつ非公開求人はカウントされない。
  • ハローワークに登録していないハイスペック人材は求職者としてカウントされない。
  • もともとブルーワーカー系の求人が多い。求職者もそっち方面が多い。
  • ホワイトワーカー向けの求人が少ない。

ホワイトカラーの求人は転職エージェントに集中する

実際にホワイトワーカーの求人はこれまで紹介した「リクルートエージェント」や「DODA」「JACリクルートメント」のような転職エージェントに集まり、ハローワークにはブルーカラー系の求人が多くなります。

なぜこうなるかと言うと…転職エージェントは企業側の採用コストがバカにならないから。

  • ハローワークは採用する企業のコスト負担ゼロ。場合によっては政府から補助金もでる。
  • 転職エージェントは利用者は無料。でも採用する側の企業は成功報酬として転職者の年収x3割前後をエージェントに支払う。

したがって採用する企業のことを考えたとき。

採用コストをかけてでも良い人材を確保したい場合にのみ、転職エージェントは使われます。

一方でどうでもいいような肉体労働系の採用には、できるだけお金をかけたくないのです。

以上のことよりハローワークにはブルーワーカー系の求人が多く、転職エージェントにはホワイトカラー系の求人が多くなる、ということが言えます。

つまり。

ホワイトカラーの求人やハイクラス高年収の求人を探そうと思ったら、転職エージェントをつかうしかないのですよね。

▼ 万人にオススメの転職エージェントランキング

万人におすすめ! 詳細
説明
公式HP
【1】リクルートエージェント 詳細 公式
【2】DODA 詳細 公式
【3】パソナキャリア 詳細 公式

▼ ハイクラス人材にオススメの転職エージェントランキング

ハイクラス転職におすすめ! 詳細
説明
公式HP
【1】JACリクルートメント 詳細 公式
【2】ビズリーチ 詳細 公式
【3】リクルートエージェント 詳細 公式

※どんな転職をするにせよ転職実績No.1【リクルートエージェント】は登録必須。

正社員の経歴がなければエージェントを使わない方がいい

40代男女が転職エージェントをつかうときの注意点。

これまでの経歴で正社員の経験がない場合。あるいは正社員だったけど今は派遣として働いている、という場合。

市場価値が低い人材とみなされ、転職エージェントのサポートを受けられないケースがほとんどです。転職エージェントも神ではないので誰でもキャリアアップできると思ったら大間違い。

彼らはあなたの今ある魅力や価値をMAXに引き出すよう努力してくれるだけです。したがって、もともと正社員としての転職がむずかしそうな方にはアドバイザーがついてくれません

では。

そのような40代男女はどのように転職活動したらいいか?というと…

ハローワークなど一般的な転職サイトをつかって転職活動することをオススメします。

※ もちろん登録申請してみてダメだったら諦めるというのでもいいのですが…

===============

あとはそれぞれの転職エージェントについて。もうすこし詳しい情報とメリット・デメリットなどを解説していきます。

転職成功実績No1【リクルートエージェント】

「リクルートエージェン」に関しては日本を代表する転職エージェントなので、もはや説明する必要もないかとは思いますが…。

念のためリクルートエージェントの実績を紹介します。

  • 「人材紹介会社売上規模No.1」
  • 「転職成功実績No.1」
  • 「非公開求人数10万件(約90%)」

もちろん私自身も登録してつかっています。

40代男女にはビミョーって本当?

リクルートエージェントはあまりに幅広くやり過ぎてて40代男女の転職にはビミョーじゃないの?

と疑問におもう方もいらっしゃるでしょう。

でも決してそんなことはありません。ユーザーからどんな要望がきてもベストなサポートができるような組織になっています。

業界No.1であり続けるには理由がある

なぜリクルートエージェントが業界No.1であり続けているのかを考えれば、私がどうしてもオススメしたい理由がお分りいただけるかと。

それは利用者であるお客さんを大切にし、採用する側である企業も大切にしてきたから。

ユーザーと企業、どちらかの利益をダメにするようなことをすれば評価は下がり、即刻ライバルに負けてしまいます。

そんなこんなで。

業界No.1というのはどんなユーザーのどんな希望にも、何かしらの答えをもっています

たとえ40代男女の転職であろうと、ハイクラスの転職であろうとです。

証拠にリクルートエージェントは業界やユーザー層ごとにチームが分かれています。利用者におうじてベストな提案ができるような体制をつくってきたのです。

たとえば。

あなたが40代男女であれば、40代男女の転職事情に精通したアドバイザーがつきます。

あなたがハイスペックであれば、その転職事情に精通したアドバイザーがつきます。

あなたが化学メーカーを志望していれば、化学業界出身のアドバイザーがつき丁寧にサポートしてくれます。

もはや40代男女であろうとなかろうと、転職するなら登録は必須とも言えるサービスです。

公式サイト【リクルートエージェント

圧倒的な非公開求人数【DODA】

「DODA(デューダ)」はリクルートエージェントにつづき業界No.2の実績をもつ転職エージェント。

▼サービスの特徴・強みは以下のとおり。

  • 求人数10万件以上
  • うち非公開求人が約8万件
  • 大手/優良企業メインで求人の質も高い
  • プロによる企業へのエントリー代行、応募書類の添削、選考対策などのサポート充実
  • 応募する企業の面接官の情報や面接で聞かれることなど、内情を教えてくれる
  • 年収交渉にもつよい

とにかく非公開求人数がずば抜けて多く「企業名+求人」で検索すると必ずヒットするサービス(リクナビエージェントもですが)。

ほかの転職エージェントと同じくアドバイザーが丁寧に転職活動をサポートしてくれます。

※40代男女の転職に特化しているサービスではないですがリクルートエージェントとおなじ理由で十分におすすめできます。

公式サイト【DODA

丁寧なサポートに定評【パソナキャリア】

「パソナキャリア」は丁寧なサポートに定評のある転職エージェント。

▼サービスの特徴・強みをまとめると以下のとおり。

  • 求人数40,000件以上※公開ふくむ
  • 非公開求人率80%
  • 高い顧客満足度
  • 選考対策もバッチリ
  • 応募する企業の面接官の情報や面接で聞かれることなど、内情を教えてくれる

どんな経歴の40代男女の方でも満足のいく転職ができるよう親身にサポートしてくれます。

また。

サポート力だけでなく求人数もつねに40,000件以上あり、そのほとんどが非公開求人。

求人数が常時たくさんあるということは、採用する側の企業とのコネクションも申し分ないということ。

プロのアドバイザーが、必ずあなたの希望にマッチする求人を提案してくれるでしょう。

公式サイト【パソナキャリア

ハイクラス転職なら【JACリクルートメント】

JACリクルートメントはハイクラスの転職を目指すなら決してはずせない転職エージェント。

▼サービスの特徴・強みをまとめると以下のとおり。

  • 業界No.3
  • ハイクラスの転職/外資転職/海外転職につよい
  • 求人数は他大手とくらべると少ないが質は圧倒的に高い(非公開求人率60%)
  • 海外案件比率50%超
  • 転職成功者の7割以上が35歳以上
  • 年収800~1000万円超の求人が充実!

とくにハイクラス(高年収)・外資・海外転職につよく求人の質もたかいですね。

転職エージェント業界としてはNo.3ですが、こと外資転職やハイクラス転職であればNo.1といえるほど素晴らしい実績をほこります。

外資日系とわず、業種もコンサル~金融~IT~メーカーその他まで。

ちゃんとすべての業界にコネクションあります。

もちろんキャリアアドバイザーはそれぞれの業界ごとにスペシャリストが担当しています。

あなたの志望業界にあわせて精通した専任アドバイザーをつけてくれるでしょう。

40代男女がつかう上でのデメリット・注意点

ただしデメリットとしては。

もともとハイクラス・外資転職・海外転職を売りにしているため、エージェントが「この人はどう頑張ってもムリそうだ」と判断されればサポートを断られます。

経歴に自信のあるハイスペック人材だけにおすすめする転職エージェントです。

※これはどの転職エージェントも共通ですが…とくにハイクラス系の転職エージェントは審査がきびしい傾向にあり。

サポートを断られたら別の転職エージェントをつかいましょう。

公式サイト【JACリクルートメント

年収600万以上の転職者 支持率No1【ビズリーチ】

ビズリーチは転職エージェントというよりは、提携しているヘッドハンターたちからの求人紹介をメインにしている転職サイト。

まぁ広くは転職エージェントのくくりに入ります。

ビズリーチは一時期CMでも放映していたようにハイクラス(高年収)の転職・外資転職につよいエージェント。

「年収600万円以上の転職者からの支持率No.1」という数字がすべてを物語っていますね。

提携しているヘッドハンターの質ってどうなの?ということですが「素晴らしい」のひと言。

もちろん私も登録してつかっていますが、外資転職のみならずハイクラス求人の質は十分に担保できます。

ちなみにほとんどが年収800~1000万円以上の求人で構成されているので、一度つかってみることをオススメします

無料お試し期間を過ぎるとスカウトが受けられなくなる

ただしデメリットとして。

30日の無料お試し期間をすぎるとスカウトを受けられなくなります。

スカウトを受けられないとなると実質的にはほとんど無意味な転職サイトになってしまいます。

そこでお試し期間のあいだに価値を見出せたのであれば有料にし、そうでなければ無料会員のままフェードアウトすることをオススメします。

40代男女がつかう上でのデメリット・注意点

ただしデメリットとしては。

もともとハイクラス転職を売りにしているため、40代男女で経歴がイマイチだとほとんどスカウトを受けられません。

登録を断られることはありませんが40代男女であれば経歴に自信のあるハイスペック人材だけにおすすめする転職エージェントです。

公式サイト【ビズリーチ

スカウト型の転職サイトなら「リクナビNEXT」もオススメ

ところで。

ビズリーチは有料だからイヤだ!!というあなたへ。

おなじようなスカウト型の転職サイトには「リクナビNEXT」もあります。※リクルート運営

リクナビNEXTは無料でつかえます。

仕組みもビズリーチとおなじ。登録しておけば彼らの提携するヘッドハンターからスカウトメッセージがきます。

わたしの経験上、求人の質はビズリーチのほうが高いような気もしますが…

リクナビNEXTと提携しているエージェントなりヘッドハンターは業界特化の専門エージェント。ビズリーチにせよリクナビNEXTにせよ、業界のスペシャリストからスカウトメッセージきます。

つまり求人の質を客観的にみるとビズリーチと大差ありません

公式サイト【リクナビNEXT

転職のチャンスがあれば考えたい…あなたにオススメ

もし転職をそんなに急いでいなくて「自分の転職市場価値を知りたい!」「チャンスがあれば転職を考える!」というのでしたら・・・

リクナビNEXTのようなスカウト型転職サイトに登録して、たま~にスカウトメールをチェックするだけでもいいでしょう。

ヘッドハンターのもってくる案件に興味があれば相談し、そうでなければ無視すればいいだけ。ストレスなく転職活動できます。

  • リクナビNEXT】とは??
    業界No.1リクルートの運営するスカウト型転職サイト。転職者の8割以上が登録している(リクルート調べ)。登録しておいてたま~にスカウトメールを見るだけでOK

※スカウト型の転職サイトは登録だけしてスカウトを待つ、あるいはオススメの求人案内を待つだけでOK。

▼公式WEBサイトはこちら↓

【リクナビNEXT】

その他にもいろいろあるが…登録する必要なし

ほかにも…

40代男女むけの転職に特化したエージェントはくさるほどあります。

ここで掲載しなかったのはなぜかというと。

それらの転職エージェントは代表的なエージェントに登録しておけばヘッドハンターと称してオファーがくるから。

したがって手当たり次第に登録しても疲れるだけです。

転職エージェントのクチコミ・評判

ここで紹介した転職エージェントはどれも「40代男女の転職」におすすめできるサイトばかりです。ただし人によっては「こんなヒドい対応を受けた」「思っていた結果が得られなかった」ということもあり得るでしょう。

そこで、当サイトでは転職エージェントに関する読者様の口コミを募集しております。

口コミ・評判について「コメント欄」にてご教示いただければ幸いです。

転職者の役に立つようなコメントでしたら何でも構いません。事実に基づく批判もウェルカムです。またデータには万全を期しておりますが、おすすめ情報は2018年公開時点での情報ですのでご了承ください。お力添えのほどよろしくお願いいたしますm(_ _)m