第一三共の年収|MR職(営業職)の年収まとめ

第一三共のMR職(営業職)って年収高い?低い?一般的な年収ランキングからは分からないMR職の給料をまとめてみました。

新卒(学部卒/院卒)〜20歳代・30歳・35歳・40歳・50歳での目安年収と、各役職ごとの目安年収、残業代こみ年収、福利厚生のまとめとなります。

※理系・研究開発職、事務系・間接部門の年収はこちらの記事(”第一三共の年収って本当に高い?総合職の年収まとめ“)にしています。

転職・就活のご参考にどうぞ。

第一三共の平均年収・平均年齢・平均勤続年数

まずは会社全体の年収を見ていきます(数字は2016年の有価証券報告書より)。

  • 平均年収:1092万円
  • 平均年齢:43.0歳
  • 平均勤続年数:18.5年
  • 参考|
    2015年の平均年収|1112万円
    2014年の平均年収|1036万円
    2013年の平均年収|  998万円

※平均年収は一つ前の年度の有価証券報告書を参照。たとえば「2016年=2015年度実績」となります。

「第一三共」という会社をご存じない就活生のために、ひとこと解説。

第一三共は製薬・医薬品メーカーの国内No.5企業(No.1は武田薬品工業、No.2は大塚HD、No.3はアステラス製薬)。国内トップ3社に第一三共、エーザイをくわえた5社を製薬大手5社という。ちなみに世界ランキングでみると日系製薬メーカーはいずれもトップ10以下であり、グローバルでは中小規模の枠を出ない。

  • 本社:東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号
  • 設立:2005年(三共株式会社と第一製薬株式会社が経営統合)
  • 2015年度決算:
    売上 9,864 億円
    純利益 822 億円

製薬メーカーの平均年収ランキング2016年

  1. 大塚ホールディングス|年収1116万円
  2. シンバイオ製薬|1112万
  3. エーザイ|1094万
  4. 第一三共|1092万
  5. アステラス製薬|1069万
  6. そーせいグループ|982万
  7. サンバイオ|979万
  8. キョーリン製薬ホールディングス|969万
  9. 武田薬品工業|959万
  10. 中外製薬|935万
  11. 塩野義製薬|890万

製薬メーカー平均年収ランキングを見ると第一三共はNo.4となっており、順当な結果であることがわかります。実際のところはどうでしょうか?

それでは概要を解説したところで、MR職(営業職)の目安年収を見ていきましょう。

第一三共・MR職(営業職)の目安年収

今回はMR職(営業職)の年収です。MR職には外勤手当、営業手当(通称:MR手当)、土日出勤手当など、他の職種ではあまり貰えないような特別な手当が多く、年収が高くなる!?かと思いきや残業代が無かったりするため、必ずしもそうではありません。

手当て抜きの年収をみても実態とかけ離れすぎるため、住宅補助以外の手当て込み年収を考えます。

①MR職の年齢ごと年収(日当など込み、住宅手当別途)

年 齢 役 職 年 収 基本給
万円/月
ボーナス
月数/年
日当
万円/日
土日など
万円/月
~29歳 なし 700万円 29 8.0
(※3)
0.25 x 240
(※4)
5
(※5)
30歳 主任 766万円 32 8.0 0.25 5.5
35歳 課長代理 966万円 41
(※1)
8.0 0.25 7
40歳 課長代理 1050万円 45 8.0 0.25 7.5
課長1 1060万円 50
(※2)
8.0 0.25
45歳 課長代理 1050万円 45 8.0 0.25 7.5
課長1 1060万円 50 8.0 0.25
50歳 課長代理 1050万円 45 8.0 0.25 7.5
課長2 1200万円 60 8.0
55歳 課長代理 1050万円 45 8.0 0.25 7.5
課長2 1200万円 60 8.0
60歳 課長代理 944万円 40 8.0 0.25 7

(※1)課長代理は裁量労働制となる。基本給に一定の残業代(みなし労働手当て)を含む。総合職であれば課長代理までは自動的に昇格。
(※2)課長1(部下なし課長)への昇進で同期でも差が出る。なれない人もいる。
(※3)年収はボーナス額で大きく変動する。そしてボーナスは会社業績と個人成績できまる。第一三共は、MR職であっても人によってあまり差が出ない年収となっている。
(※4)MRの外勤手当=日当は1日2,500円、外回り営業した日数分が支給される。月に20営業日外回りをする前提で計算すると、年間の手当は「0.25x20x12=60万円」となる。部下あり課長になると管理的な仕事が多くなり外回りの機会が減るため、日当などは給料にカウントしない。
(※5)第一三共は土日出勤(講演会など)、定時後に行われる研修会には残業代がつく。ここでは土日出勤、月3回として計算した。実際にはもっと多いと思われ、月3回未満の人はなかなかいない。

②MR職の役職ごと年収(MR手当込み、住宅補助別途)

役 職 年 齢 年 収 基本給
万円/月
ボーナス
月数/年
日当
万円/日
土日など
万円/月
なし ~29歳 ~700万円 ~29 8.0
(※3)
0.25 x 240
(※4)
5
主任 30歳 766万円 32 8.0 0.25 5.5
課長代理 33~40歳 904~1050万 38~45
(※1)
8.0 0.25  7-7.5
課長1
部下なし
40歳~ 1060万円~ 50~
(※2)
8.0 0.25  –
課長2
部下あり
45歳~ 1200万円~ 60~ 8.0
部長代理 45歳~ 1600万円~ 80~ 8.0
部長 45歳~ 2000万円 100 8.0

※課長代理は裁量労働制のため、基本給に残業代(みなし労働手当て)を含む

  • 新卒-29歳|役なしではあるが3年おきくらいにポジションが昇格し、そのたびにそれなりの昇給がある。もちろん毎年の昇給もあるが、ポジションの上がるタイミングで大きく上がる。
  • 30歳前後|主任クラスへ昇格。
  • 32~35歳|課長代理クラスへ昇格。裁量労働制であり、残業代は「みなし労働手当て」として基本給に含まれる。総合職であれば必ず到達する。日当て、土日手当は別途支給される。
  • 38~40歳|部下なし課長になれるかどうかで年収が大きく変わる。総合職であっても昇格は難しい、同期入社1/5人くらいのイメージ?
  • 40~45歳|課長2になれるかどうかで年収が大きく変わる。
  • 45~50歳|部長になれるかどうかで年収が大きく変わる。
  • 50~60歳|理事、役員へ昇格できる人は少ないため無視している。

③残業代込みの目安年収

MR職は「日当て」として残業代が支給されているため、残業代ゼロの会社が多いのですが、第一三共は土日出勤(講演会に参加するなど)、研修会参加の際には残業代が支給されます。

MR職は医者の講演会で土日なくなることが頻繁にあるため、とてもありがたいシステム。ということで上の年収まとめにて、すでに反映しています。

④注意点

【注意①】年収はボーナスの額により変わる(ここではボーナス8.0ヶ月/年の想定)。業績が悪くなれば平均して年収100万円は普通に下がる。

【注意②】賞与は「個人の査定・会社業績」によって決まる。このうち影響大きいのが会社業績、次に個人の成績。MR職は個人成績の差が大きく、ボーナスにも差がつきやすい。組合員であれば年によって、最低6ヶ月/年~最高9ヶ月/年くらいの差がある。

▼▼▼▼

まとめると、第一三共・MR職(営業職)の年収は、基本給は普通の大企業なみではあるものの、ボーナスが良いために高年収となっています。MR職は、手当によって若いうちから高年収であることが特徴。ただしその後、40歳で頭打ちを迎えます。

またMR職であれば、40歳・年収1000万円は誰でも超える会社です。

第一三共・MR職の福利厚生

  1. 独身寮|借り上げ社宅
  2. 社宅|借り上げ社宅
  3. 世帯手当|調査中
  4. 住宅補助|
    ・借り上げ社宅は上限家賃の8割を会社が負担。
  5. 残業代|
    ・課長代理以降は裁量労働制であり残業代はゼロ。その代わりに「みなし労働手当て」が基本給に含まれる。
    ・管理職以降は残業代ゼロ。
  6. その他の福利厚生|通勤手当、出張手当、外勤手当など
  7. その他の注意事項|

まとめると第一三共の福利厚生は優れています。

福利厚生込みの年収を知りたい方は残業代込み年収に、福利厚生の金額(おおむね100万円/年くらい)を加算しましょう。

製薬・医薬メーカー業界の中でどのくらい?

第一三共・MR職の年収は「業界トップクラス」です。基本給は普通の大企業と変わらないものの、高いボーナス、色々な手当によって年収が高くなっています。

またメーカー業界全体でみても、製薬業界は年収高いため「トップクラス」となります。

今後のことは正直、分かりません。製薬業界はギャンブルであり予測不能です。売れる新薬をいくつか投入できれば、20年(特許切れまでの期間)は計算できます。

ある程度まとまったら年収ランキングを作りますね(準備中)。

第一三共のMR職に転職・就職するあなたへ

製薬・医薬業界の今後の動向(とくに先発製薬メーカー)

まず製薬・医薬品メーカー業界の流れと、今後の動向をざっくりと解説します。国内はとくに、ジェネリック医薬品を国策で増やしていったところが転換期になっています。

  1. 作れば売れる時代。新薬がどんどん上市
  2. ブロックバスター時代(大型新薬をひとつでも開発すれば20年安泰)
  3. 製薬バブル期へ突入!!
  4. 開発をやりつくし、新薬開発の難易度はどんどん上がる。コストも上がる
  5. そのうえ、国策でジェネリック薬品をどんどん増やすと言いやがる!!
  6. ジェネリック薬品にシェアを奪われる先発薬品メーカー(武田など)…
  7. 頼みの新薬もなかなか生み出せない(企業によるが…)
  8. 2010年問題、1990年ころに開発した新薬の特許がどんどん切れていく
  9. 新薬は自社開発するものではなく買うものだ!!海外M&Aを加速(今ココ!)
  10. M&Aした企業の収穫期に入れるか??
  11. 製薬業界は安定から、ギャンブル業界へ

製薬・医薬メーカー業界はこれまでが出来すぎでした(上述した通り)。国内はジェネリック医薬品にどんどんシェアを奪われ、新薬開発もリスクがどんどん上がる、残された道は業界再編とM&Aだけなのか!?

今後のことは正直、分かりません。製薬業界はギャンブルであり予測不能です。売れる新薬をいくつか投入できれば、20年(特許切れまでの期間)は計算できます。

第一三共の将来性。今後どうなる?

第一三共は近年、製薬メーカーとしては収益性が悪く、ちょっともの足りない業績になっています。

理由は、

大型の新薬を開発・上市できておらず、チマチマとしたマイナーアップデートの新製品ばかり投入しているから。これはこれで営業戦略としては立派なのですが、製薬メーカーの王道はやはり新薬開発。このままでは将来、ジリ貧になるでしょう。

ただ結局のところ製薬業界はどんな状況であっても、とんでもなく売れる新薬を開発すればそれで20年は安泰です。これから就職・転職するあなたにかかっています。

第一三共の激務度・ブラック度

第一三共は部署や上司によって、激務度がぜんぜん違います。

既存ビジネスの現場(MR営業、製造現場など)に近ければ近いほど激務になりますが、それも上司によります。

いっぽうで既存ビジネスと関係のない基礎研究所、開発職などは仕事まったり。プライベートが調整しやすいでしょう。

製薬・医薬メーカー業界の記事

  • 準備中

第一三共の社員クチコミ・評判

第一三共の「①激務度・ブラック度」「②年収事例」「③キャリアパス(出世の難易度)」「④その他」「⑤福利厚生」に関して情報をお持ちの方へ。「コメント欄」にてご教示いただければ幸いです。

転職者・就活生の役に立つようなコメントでしたら何でも構いません。事実に基づく批判もウェルカムです。

またデータには万全を期しておりますが、2017年公開時点での情報ですのでご了承ください。

それでは読者様からのご協力お待ちしておりますm(_ _)m