三菱重工業の年収は高い?低い?年収ランキングからは見れない事実

三菱重工業の大卒総合職(文系&理系)って年収高い?低い?一般的な年収ランキングからは分からない総合職の給料をまとめてみました。

新卒(学部卒/院卒)〜20歳代・30歳・35歳・40歳・50歳での目安年収と、各役職ごとの目安年収、残業代こみ年収、福利厚生のまとめとなります。

※追記)地域総合職と一般職の年収も追加しました。

転職・就活のご参考にどうぞ。

三菱重工業の平均年収・平均年齢・平均勤続年数

まずは会社全体の年収を見ていきます(数字は2016年の有価証券報告書より)。

  • 平均年収:827万円
  • 平均年齢:39.0歳
  • 平均勤続年数:16.1年
  • 参考|
    2015年の平均年収|802万円
    2014年の平均年収|772万円
    2013年の平均年収|754万円

※平均年収は一つ前の年度の有価証券報告書を参照。たとえば「2016年=2015年度実績」となります。

「三菱重工業」という会社をご存じない就活生のために、ひとこと解説。

三菱重工業は重工業メーカーの国内トップ企業(No.2~3はIHIと川崎重工がいい勝負)。ちなみに重工業大手のことを、重工3社(三菱重工・川崎重工・IHI)と言ったりする。三菱グループの中では銀行、商事とともにに三菱グループ御三家の一角で三菱金曜会の会員企業である。事業領域があまりに広いことから「機械のデパート」といわれる。

ビジネス領域は、おもに以下の4つ。

  1. エネルギー・環境(化学プラント、火力発電所など)
  2. 交通・輸送(鉄道、民間航空機など)
  3. 防衛・宇宙(軍需、ロケットなど)
  4. 機械・設備(産業用の工作機械など)
  • 本社:東京都港区港南2丁目16番5号(三菱重工ビル)
  • 設立:1950年
  • 2015年度決算:
    売上 4 兆円
    純利益 638 億円

それでは概要を解説したところで、大卒・総合職の目安年収を見ていきましょう。

三菱重工業の大卒・総合職の目安年収

①年齢ごとの年収目安(残業代・各種手当て別)

年 齢 役 職 年 収 基本給
万円/月
ボーナス
月数/年
~29歳 なし 540万円 30 6.0
30歳 なし 558万円 31 6.0
35歳 主任≒主席 792万円 44 6.0
40歳 主任 864万円 48 6.0
課長1 1044万円 58 6.0
45歳 主任 936万円 52 6.0
課長1 1080万円 60 6.0
50歳 主任 900万円 50 6.0
課長2 1260万円 65 6.0
55歳 主任 900万円 50 6.0
課長2 1260万円 67 6.0
60歳 課長1 1080万円 60 6.0

※主任クラスから裁量労働制となるものと仮定。基本給に一定の残業代(みなし労働手当て)を含む。
※総合職であれば主任まではほぼ自動的に昇格(もちろん毎昇格試験はある)。
※課長1への昇進で同期でも差が出る。ただ、数年の遅れはでるがいずれは昇格する(総合職であれば)。
※年収はボーナス額で大きく変動する。2016年時点の業績だとこれくらいだが、業績が悪ければ4ヶ月分/年となる。

②役職ごとの目安年収(残業代・各種手当て別)

役 職 年 齢 年 収 基本給
万円/月
ボーナス
月数/年
なし ~30歳 ~558万円 ~31 6.0
主任≒主席 33~35歳 756~900万円 42~50 6.0
課長1 38~40歳 1044万円~ 58~ 6.0
課長2 40歳~ 1170万円~ 65~ 6.0
課長3(次長) 40歳~ 1260万円~ 70~ 6.0
部長 45歳~ 1350万円~ 75~ 6.0

※主任は裁量労働制のため、基本給に残業代(みなし労働手当て)を含む
※課長以上は残業代ゼロ

  • 新卒-30歳|役なしではあるが3年おきくらいにポジションが昇格し、そのたびにそれなりの昇給がある。もちろん毎年の昇給もあるが、ポジションの上がるタイミングで大きく上がる。
  • 33~35歳|主任クラスへ昇格。裁量労働制となり、残業代は基本給に含まれるものと想定。残業がいちじるしく多い部署をのぞき一括の「みなし労働手当て」が残業代の代わりに支給される。
  • 38-40歳|課長1になれるかどうかで年収が大きく変わる。総合職であれば数年の差はあれど、いずれ昇格する。
  • 40-45歳|課長2になれるかどうかで年収が大きく変わる。
  • 45-50歳|課長3になれるかどうかで年収が大きく変わる。
  • 50-60歳|部長、理事、役員へ昇格できる人は少ないため無視している。

③残業代込みの目安年収(月30h残業と仮定)

三菱重工業のような巨大企業は激務度がマチマチであるため、平均の残業時間と言うのは意味ないのですが…。いちおうはメーカーの平均的な残業時間30h/月で、残業込み年収をまとめます。

年 齢 役 職 年 収 基本給
万円/月
ボーナス
月数/年
~29歳 なし 622万円 30 6.0
30歳 なし 642万円 31 6.0
35歳 主任≒主席 792万円 44 6.0
40歳 主任 864万円 48 6.0
課長1 1044万円 58 6.0
45歳 主任 936万円 52 6.0
課長1 1080万円 60 6.0
50歳 主任 900万円 50 6.0
課長2 1260万円 65 6.0
55歳 主任 900万円 50 6.0
課長2 1260万円 67 6.0
60歳 課長1 1080万円 60 6.0

※主任クラスになると残業代ゼロになり、基本給に「みなし労働手当て」が含まれると想定しています(大学の同期に確認中)。

④注意点

【注意①】年収はボーナスの額により変わる(ここではボーナス6.0ヶ月/年の想定)。業績が悪くなれば平均して年収50万円は普通に下がる。ただ、B to B主体であるためそんなに大きく振れることもなく、5.0-6.0ヶ月で安定している。

【注意②】賞与は「個人の査定・(部課)目標の達成度・会社業績」によって決まる。このうち影響大きいのが会社業績、次に個人の査定。会社の業績が伸びなければボーナスも伸びない。組合員であれば年によって、最低4ヶ月/年~最高8ヶ月/年くらいの差がある。

【注意③】同期入社であれば30代後半までは年収に差がつかない。差がつくのはそれ以降。

【注意④】サービス残業は無い。

【注意⑤】主任クラスは裁量労働制。残業代ゼロの代わりに「みなし労働手当て」が支給される。ただし、著しく残業の多い部署は追加で残業代が支給される。

【注意⑥】管理職になると残業代はゼロ。

【注意⑦】年功序列だが、今後は実力主義にシフトするかも。

▼▼▼▼

まとめると、三菱重工業の年収は特筆すべき点がない。他のトップメーカー並み。強いて言うならば管理職からの年収のびが大きい。

地域総合職と一般職の年収

地域総合職と一般職の年収は上記の年収を

地域総合職は総合職の8割くらい、

一般職は総合職の6割くらい、

にしたイメージです。若いうちは年収の絶対額が低いため、そこまで大きな差は感じられないでしょう。当たり前ですが、年齢を重ねるほどに年収の差は開いていきます。

また、地域総合職と一般職は課長には出世できないとお考えください。

地域総合職であれば主任クラスが限界、

一般職であれば役職なしのまま会社人生を終える人が多いでしょう。

とはいえ、役職なしには残業代がちゃんとつけられるため基本給が上がると、お得になっていきます。残業代は基本給をベースに算出されるため、基本給が高ければ高いほど、残業の時給は高くなります。

三菱重工業の福利厚生

  1. 独身寮|あり
  2. 社宅|あり
  3. 世帯手当|調査中
  4. 住宅補助|なし、社宅か寮に入ること
  5. 残業代|
    ・主任クラスは裁量労働制であり残業代はゼロ。その代わりに「みなし労働手当て」が基本給に含まれる(大学の同期に確認中)。
    ・管理職以降は残業代ゼロ。
  6. その他の福利厚生|通勤手当、出張手当、外勤手当など
  7. その他の注意事項|

まとめると三菱重工業の福利厚生は普通の大企業なみ。寮や社宅あることが救い。

福利厚生込みの年収を知りたい方は残業代込み年収に、福利厚生の金額(おおむね50万円/年くらい)を加算しましょう。

重工メーカー/機械メーカー業界の中でどのくらい?

三菱重工業の年収は重工業メーカー/機械メーカー業界の中では「トップクラス」です。

また、メーカー業界全体でみても「上の下~トップクラス」です。若いうちは他大手メーカーと大して差はありませんが、とくに管理職以降の伸びがよいですね。

でも結局はボーナスの月数次第です。したがって三菱重工業の年収って高いの?低いの?と聞かれても「その年の業績による」としか答えようがありません。申し訳ありません。

ある程度まとまったら年収ランキングを作りますね(準備中)。

三菱重工業に転職・就職するあなたへ

重電メーカー業界の今後の動向

まず重工業メーカー業界の流れと、今後の動向をざっくりと解説します。

と思いましたが重工業メーカーはインフラ的な要素がつよくビジネスも多岐にわたるため、一般的な解説が難しいですね…。個別企業ごとに分析する必要があります。

ということですので、世界経済の流れをなんとなく掴んでおけばよいでしょう(完全に逃げ)。

三菱重工業の将来性。今後どうなる?

三菱重工業は官需(国相手のビジネス)が多く、また「機械のデパート」といわれるほど製品ポートフォリオが多岐にわたるため、何かがダメでも何かで補うというスタイルの経営。安定しています。とくに超大型の機械を作る技術・ノウハウに強みあり。

今後の成長戦略は中期経営計画によると、

  1. 民間航空機事業(MRJ)の確実な納入
  2. 商船事業の改革
  3. M&Aした事業の最適化(PMI、Post Merger Integrationという)

となっています。

①民間航空機事業は、国産ジェットMRJが予想外のトラブルに直面していて、まだまだ時間かかりそうな雰囲気。しばらく赤字になるのは覚悟しておいたほうがいい。

②商船事業は、商船バブル崩壊して受注が減って苦しい状況。コストダウンくらいしかやる事がないかと。

③M&A収穫は、これまで買いあさった事業を成長路線に乗せる、という経営手腕が問われます。

ちなみに三菱重工は大規模なM&Aを繰り返し、売上が2011年度2.8兆円 → 2015年度4.0兆円と大幅に増えています。

結論として、三菱重工は新興国メーカーにコストで太刀打ちができない状況ですが、なんとな~く上手くやっていくものと想定。今後とも問題のない会社です(分析不足ですみません)。

三菱重工業の激務度・ブラック度

三菱重工業は部署や上司によって、激務度がぜんぜん違います。

既存ビジネスの現場(製造、設備技術、営業など)に近ければ近いほど激務になりますが、それも上司によります。ひとついえることは、どれだけ激務であっても残業代はほぼ100%支給され、サービス残業は無いということ。

いっぽうで、既存ビジネスと関係のない基礎研究所などは仕事まったり。プライベートが調整しやすいでしょう。

ただし重工業メーカーは古くからの業界であり、とても官僚的な体質であることはあらかじめ認識しておきましょう。

重工業メーカー/機械メーカー業界の記事

三菱重工業の社員クチコミ・評判

三菱重工業の「①激務度・ブラック度」「②年収事例」「③キャリアパス(出世の難易度)」「④その他」「⑤福利厚生」に関して情報をお持ちの方へ。「コメント欄」にてご教示いただければ幸いです。

転職者・就活生の役に立つようなコメントでしたら何でも構いません。事実に基づく批判もウェルカムです。

またデータには万全を期しておりますが、2017年公開時点での情報ですのでご了承ください。

それでは読者様からのご協力お待ちしておりますm(_ _)m