PwCコンサルティングの年収「新卒・マネージャー・アソシエイトetc」

PwCコンサルティングの年収って高い?低い?
年収ランキングからは見れない真の年収について。

この記事では
PwCコンサルティングの年収に関する以下の疑問を解消していきます。

・コンサルタント職って年収高い?低い?
・新卒初任給、アソシエイト、シニアアソシエイト、マネージャー、シニアマネージャー、パートナーの年収は?
・20代/30歳/35歳/40歳/50歳の年収は?
・給料体系は?
・福利厚生は?

それではPwCコンサルティングの年収について、

初任給(学部卒/院卒)〜20歳代・30歳・35歳・40歳・50歳での目安年収と、各役職ごとの目安年収、残業代こみ年収、福利厚生をまとめていきます。転職・就活のご参考にどうぞ。

※PwCコンサルティングは外資系企業であり平均年収データなし。
※また年収制度はころころ変わる点にご注意を。

PwCコンサルティング『コンサルタントの年収』

PwCコンサルティング・コンサルタントの年収について、まずはシンプルにまとめから。

※ どのポジションでも年棒制
※ 残業代50時間/月を年棒にふくむ、裁量労働制。
(超過分は申請できるが実際には…)
※ 住宅手当・退職金なし
※ 成果&上司評価で出世する単純なシステム
※ スムーズに出世したときのケース
※ 評価が低いと退職せざるを得ない状況に陥る

  • 学卒/院卒の初任給『年収420万円+ボーナス』
    ・アソシエイト
    ・基本給25万円+残業代10万円/月(50H相当)
    ・ボーナス「年棒 x 10~20%」別途
  • 大卒2-3年目23-25歳『年収450-500万円+ボーナス』
    ・アソシエイト
    ・ボーナス「年棒 x 10~20%」別途
  • 大卒4-7年目26-29歳『年収550-650万円+ボーナス』
    ・シニア アソシエイト

    ・それなりの成果をだせば新卒入社4年目くらいで昇格。ただし完全に目安であり年齢関係なく上がるひとは上がる。
    ・ボーナス「年棒 x 20~30%」別途
    ・昇格できなければ、あきらめて20代のウチに転職したほうがいい
  • 大卒8-12年目30-34歳『年収900万円+ボーナス』
    ・マネージャー(課長クラス)

    ・残業代ゼロになる
    ・インセンティブボーナスあり(年棒の10~40%??)
    ・通常は早くて30歳で昇格、永遠に昇格しないひともいる
  • 大卒13-17年目35-39歳『年収1200万円+ボーナス』
    ・シニア マネージャー(部長クラス)

    ・ほとんどの人が昇格できずに転職する
    ・インセンティブボーナスあり(年棒の10~40%??)
    ・日本法人だと部長クラス、本国だと次長クラス
  • 大卒18-23年目40-45歳『年収3000万円??』
    ・パートナー/ディレクター(役員クラス)

    ・日本法人だと役員 or 社長クラス、本国だと部長クラス
    ・日本法人にいる限りは極めてうすい昇格率

コンサルタントの年収まとめ

まとめると、
PwCコンサルティング・コンサルタントの年収は、パフォーマンスと役職次第。年齢はほとんど関係ない。

日系企業のように
「ダラダラと仕事をしてても給料上がる」なんてことはあり得ない。

誰でも到達できるラインは「ない」
すべては上司のサジ加減ひとつで決まる。

年収1000万円に到達するには以下2つの方法がある。
① シニアアソシエイト・ポジションで相応の成果を上げて上司から好評価をえるか、
② マネージャーに昇格するか

つまりほとんどの人は
年収1000万円に到達せず、転職することになってしまうでしょう。

PwCコンサルティング『役職・年齢ごと年収まとめ』

まとめとして
PwCコンサルティングの年収を、みやすいようにテーブルにまとめておきます。ボーナス額によって大きく変わってくるためケースごとに見ていきましょう。

※ どのポジションでも年棒制
※ 残業代50時間/月を年棒にふくむ、裁量労働制。
(超過分は申請できるが実際には…)
※ 住宅手当・退職金なし
※ 成果&上司評価で出世する単純なシステム
※ スムーズに出世したときのケース
※ 評価が低いと退職せざるを得ない状況に陥る

ボーナス「年棒 x 10%」をもらい続けたとしたら…

PwCコンサルティングの場合
ボーナスがゼロになることはあり得ないので、最低ランクの評価で「年棒x10%」を得たとして目安年収を計算します。

最低ランクの評価だった場合、
マネージャーになってようやく年収1000万円が見える。

年 齢 役 職 年 収 ベース給
+残業代
ボーナス
賞与
初任給
学部卒
アソシエイト
見習い
460万円 420万円 年棒
×10%
初任給
院卒
アソシエイト
見習い
460万円 420万円 年棒
×10%
入社2-4年目
24-26歳
アソシエイト
見習い
500-550万円 450-500万 年棒
×10%
入社5-7年目
27-29歳
シニア アソシエイト
係長
600-660万円 550-600万 年棒
×10%
入社8-12年目
30-34歳
マネージャー
課長
990万円 900万円 年棒
×10%
入社13-18年目
35-40歳
シニア マネージャー
部長
1320万円 1200万円 年棒
×10%
目安なし パートナー
ディレクター
役員
3000万円? 不明 NA

ボーナス「年棒 x 20%」をもらい続けたら…

つづいて標準〜標準よりやや良い評価で「年棒x20%」のボーナスを得たときの年収目安。

この場合、
マネージャーになってようやく年収1000万円超。

年 齢 役 職 年 収 ベース給
+残業代
ボーナス
賞与
初任給
学部卒
アソシエイト
見習い
500万円 420万円 年棒
×20%
初任給
院卒
アソシエイト
見習い
500万円 420万円 年棒
×20%
入社2-4年目
24-26歳
アソシエイト
見習い
540-600万円 450-500万 年棒
×20%
入社5-7年目
27-29歳
シニア アソシエイト
係長
660-720万円 550-600万 年棒
×20%
入社8-12年目
30-34歳
マネージャー
課長
1080万円 900万円 年棒
×20%
入社13-18年目
35-40歳
シニア マネージャー
部長
1440万円 1200万円 年棒
×20%
目安なし パートナー
ディレクター
役員
3000万円? 不明 NA

ボーナス「年棒 x 30%」をもらい続けたら…

つづいてトップ層の評価で「年棒x30%」のボーナスを得たときの年収目安。

トップ層の評価だった場合、
マネージャーになってようやく年収1000万円超。

年 齢 役 職 年 収 ベース給
+残業代
ボーナス
賞与
初任給
学部卒
アソシエイト
見習い
550万円 420万円 年棒
×30%
初任給
院卒
アソシエイト
見習い
550万円 420万円 年棒
×30%
入社2-4年目
24-26歳
アソシエイト
見習い
590-650万円 450-500万 年棒
×30%
入社5-7年目
27-29歳
シニア アソシエイト
係長
720-780万円 550-600万 年棒
×30%
入社8-12年目
30-34歳
マネージャー
課長
1170万円 900万円 年棒
×30%
入社13-18年目
35-40歳
シニア マネージャー
部長
1560万円 1200万円 年棒
×30%
目安なし パートナー
ディレクター
役員
3000万円? 不明 NA

ボーナス「年棒 x 40%」のスーパーマン

神がかった活躍をして「年棒x40%」のボーナスを得たときの年収目安。

この場合も
マネージャーになってようやく年収1000万円超。

年 齢 役 職 年 収 ベース給
+残業代
ボーナス
賞与
初任給
学部卒
アソシエイト
見習い
590万円 420万円 年棒
×40%
初任給
院卒
アソシエイト
見習い
590万円 420万円 年棒
×40%
入社2-4年目
24-26歳
アソシエイト
見習い
630-700万円 450-500万 年棒
×40%
入社5-7年目
27-29歳
シニア アソシエイト
係長
770-840万円 550-600万 年棒
×40%
入社8-12年目
30-34歳
マネージャー
課長
1260万円 900万円 年棒
×40%
入社13-18年目
35-40歳
シニア マネージャー
部長
1680万円 1200万円 年棒
×40%
目安なし パートナー
ディレクター
役員
3000万円? 不明 NA

PwCコンサルティングの福利厚生

PwCコンサルティングの福利厚生まとめ。

退職金も住宅手当もないため、
他の日系大手とくらべるときには-200万円/年して考えるのが妥当。

  1. 独身寮
    ・なし
  2. 社宅
    ・なし
  3. 世帯手当
    ・なし
  4. 住宅補助
    ・なし
  5. 残業代
    ・月50時間までは年棒に含まれるため申請できない。
    ・超過分はサービス残業になりがちだが上司やプロジェクトによる
  6. その他の福利厚生
    ・出張手当、外勤手当
  7. その他
    ・ストックオプションあり
    ・退職金なし

外資系/日系IT企業の中でどのくらい?

PwCコンサルティングの年収は…

コンサルタント職であれば
外資コンサルファームの中では低いレベル。

コンサルBig4の中でも最低水準のベース年棒だがボーナスによって変わる。

→ デロイトトーマツの年収「パートナー・マネージャー・コンサルetc」

30歳でマネージャーに昇格できなければ
サクッと見切りをつけて転職しましょう。

30歳を過ぎて会社にしがみついても
何のメリットもない会社です。

そして40歳までには多くの社員が転職しているうえ、マネージャーにならないと年収1000万円超えないので生涯賃金ベースではひくい。

高給だとおもって就職・転職すると確実にギャップに苦しむことになります。

また
もし残業月200時間を超えるような激務なプロジェクトに関わってしまったら…転職をご検討ください。
激務でも我慢できるような年収レベルではありません。

他業界との比較では…
日系大手銀行・証券・総合商社・大手専門商社や大手損保に劣ります。福利厚生の少なさを考えると大手メーカーにすらも劣ります。

生涯賃金ベースでは…
そもそも生涯はたらく人がいなさそうなので算出不能。

業界研究記事

外資系化学メーカーに就職・転職ってどうよ?年収とかいろいろ

【最新版】IT企業・業界の世界ランキング売上TOP15

NTTデータの年収「大卒総合職:年齢・役職ごと」

PwCコンサルティングは、かなり控えめに言っても新卒で就職するべき企業じゃない