ホンダの年収は高い?低い?ランキングからは見れない事実

ホンダ(本田技研工業)の大卒総合職(文系&理系)って年収高い?低い?一般的な年収ランキングからは分からない総合職の給料をまとめてみました。

新卒(学部卒/院卒)〜20歳代・30歳・35歳・40歳・50歳での目安年収と、役職ごとの目安年収および、福利厚生こみ年収をまとめています。

転職・就活のご参考にどうぞ。

ホンダ(本田技研工業)の平均年収・平均年齢・平均勤続年数

まずは会社全体の年収を見ていきます(数字は2016年の有価証券報告書より)。

  • 平均年収:772万円
  • 平均年齢:45.0歳
  • 平均勤続年数:23.8年
  • 参考|
    2015年の平均年収|768万円(44.8歳)
    2014年の平均年収|765万円(44.5歳)

この平均年収は全従業員のものなので、工場ワーカーなどの数字も含みます。大卒には当てはまりません。そこで大卒・総合職の目安年収を見ていきましょう。

ホンダ(本田技研工業)の大卒・総合職の目安年収

①年齢ごとの年収目安

  • 新卒(学卒/院卒)~29歳/担当|~年収500万円(残業代・各種手当て別途)
    ▼基本給+ボーナスは微妙、会社の規模に見合っていないことは確か。あとは残業代の多い、少ないで年収が決まる。
  • 30歳/担当|年収500万円(残業代・各種手当て別途)
    ▼同上
  • 30歳-32歳/チーフ|年収600万円(残業代・各種手当て別途)
    同期でも数年の差はあれど、ほぼ全員が昇格する。
  • 35歳/主任|年収750万円(残業代・各種手当て別途)
    ▼同期でも数年の差はあれど、ほぼ全員が昇格する。
  • 38-40歳/ぺいぺい管理職|年収1000万円前後
    ▼部下なしの管理職のこと。最速38歳〜で上が詰まっているため、大卒でも管理職になれない社員もいる。管理職になれなければ「主任・年収750万円+諸手当」で頭打ち。
  • 40-45歳/課長|年収1100万円~
    管理職・中級クラス。部下のいる課長職。ここまで出世できる人は少ない。
  • 45歳/次長|年収1200万円~
    上司に気に入られていることが出世のポイント。ここまで到達できる人はごく僅か。
  • 50歳/部長|年収1300万円~
    上司に気に入られていることが出世のポイント。

②役職ごとの目安年収

  • 担当|年収500万円+諸手当
    ▼20歳代
  • チーフ|年収600-650万円+諸手当
    ▼30歳-32歳。ほぼ全員が昇格。
  • 主任|年収750万円+諸手当
    ▼35歳前後。ほぼ全員が昇格。
  • ぺいぺい管理職|年収1000万円~(残業代なし)
    ▼最速38歳〜。誰でもなれるわけではない。
  • 課長|年収1100万円~
    ▼最速40歳〜。昇格は運。
  • 次長|年収1200万円~
    ▼最速42歳〜。昇格は非常に厳しい。
  • 部長|年収1300万円~
    ▼最速45歳〜。昇格は非常に厳しい。

③注意点

【注意①】年収はボーナスの額により変わる(ここではボーナス5ヶ月/年の想定、これが最低額)。会社の業績がよくなれば平均して年収50-100万円は普通に上がる。またボーナスは個人の成績によって、同期・同役職でも若干の差がつく。
【注意②】主任までの出世は年功序列。
【注意③】管理職への出世は厳しい。誰でもなれるわけではない。
【注意④】残業代はちゃんと支給されサービス残業は(部署によるが)少ない。ただ、もともと残業の少ない会社なので年収の絶対額は低くなりがち。
【注意⑤】管理職になると残業代はゼロ。
【注意⑥】ホンダは2016年に定年が60歳から65歳となり、それによって60歳未満の年収体系までも見直された。60-65歳の引退間際の社員に給料を支払う分、現役世代の給与は下落。

▼▼▼▼

まとめると、ホンダ(本田技研工業)の年収は基本給が他大手メーカーと同等か、低い。そして業績不振のためボーナスも低い。ただし管理職以上になると高年収が期待できます。結果として自動車業界では、それなりに高い年収です。

ホンダ(本田技研工業)の給与制度の特徴と福利厚生

  1. 独身寮|事業所による、なければ家賃補助(少額)
  2. 社宅|事業所による、なければ家賃補助(少額)。会社都合での転勤は会社から、相当の家賃補助がでる
  3. 世帯手当|調査中
  4. 住宅補助|標準0.6万円/月
  5. 残業代|管理職になると残業代はゼロになる。それまでは全額支給される。もともと残業の少ない会社なので年収の絶対額は低くなりがち。そもそも、残業が禁止されている部署すらある。
  6. その他の福利厚生|通勤手当、出張手当、外勤手当、カフェテリアプランなど
  7. その他の注意事項|

ホンダ(本田技研工業)の福利厚生をまとめると、あまりよくない。特に家賃補助が悲惨。社宅か寮に入れば問題ないものの、そうでなければ家賃補助が無いに等しく、ツライ。

ホンダ(本田技研工業)の福利厚生こみ年収(残業月30時間とした)

上述したようにホンダ(本田技研工業)の給与には、残業および各種手当がつきます。手当込みの年収にしておいたほうが他企業と比較し易いかと思われますので、目安としてまとめておきます。

※既婚・社宅費用を月3万円会社が負担していると想定・残業月30時間としています。

大企業の平均的な残業時間・月30時間にて計算しております。実際には残業代の多い、少ない、勤務地(首都圏は物価が高いため手当て厚い)、世帯の構成(扶養家族持ちは手当てが厚い)で上下しますので、ご留意ください。

  • 新卒~29歳|~年収600万円
  • 30歳-32歳/チーフ|年収720万円
  • 35歳/主任|年収890万円
  • 38-40歳/ぺいぺい管理職|年収1000万円前後(手当て打ち切り前提)
  • 40-45歳/課長|年収1200万円~
  • 45歳/次長|年収1300万円~
  • 50歳/部長|年収1400万円~

まとめると業績が悪いうちは、自動車業界だけでなく全メーカーを含めても「中の上〜上の下」といった印象。ただし管理職になれれば高年収。今後の年収は業績が上向くかどうかに掛かっています。タカタのエアバッグ問題をどこまで引きずるのか、ということでしょうけど…。

ホンダ(本田技研工業)に転職・就職するあなたへ

ホンダ(本田技研工業)は、入社前と入社後のギャップに最も苦しむ会社の一つだと、私は思います。完全に独断と偏見ですが…。

表向きは、

「ホンダ・スピリット」

クルマが好きで仕方のないマニアの集まり。独創的なモノづくりをする企業。チャレンジする社風。

かつては確かにそうでした。

でも実際のところ最近のホンダは、

「大企業そのもの」

上司の機嫌を伺いながら仕事を進める社員ばかりだし、コスト削減ばかりだし、失敗を恐れる社員ばかりだし、事なかれ主義の社員ばかり。

※あくまで外から見ていて思うことを正直に述べています。

いつからこんな風になってしまったのか分かりませんが、

本当にイケてない大企業になってしまったのです。それはそれで、なるべくしてなったのですけどね…。この話は長くなるので詳しくは下の参考記事2つで語っています。

ひとつだけ誤解のないようにしておきますが、ホンダは長く勤めるにはいい会社であることは間違いないです。残業も少ないですし、休みもしっかりとれますし、そこそこに給料も高いからです。

ただ、変な夢を持って就職・転職しないほうがいいですよ、ということが言いたいだけです。ホンダは特筆すべき点のない大企業であり、化学メーカーに就職するのと同じような感覚でいるのが丁度良いでしょう。

自動車・自動車部品メーカーの中でどのくらい?

ホンダ(本田技研工業)の年収は自動車業界の中では「上の下〜トップクラス」です。

詳しくは以下のランキングにてご確認ください。

ホンダ(本田技研工業)の社員クチコミ・評判

ホンダ(本田技研工業)の「①激務度・ブラック度」「②年収事例」「③キャリアパス(出世の難易度)」「④その他」「⑤福利厚生」に関して情報をお持ちの方へ。「コメント欄」にてご教示いただければ幸いです。

転職者・就活生の役に立つようなコメントでしたら何でも構いません。事実に基づく批判もウェルカムです。

またデータには万全を期しておりますが、2017年公開時点での情報ですのでご了承ください。

それでは読者様からのご協力お待ちしておりますm(_ _)m