「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」意味と使い方・例文

「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」の意味、ビジネスシーン(メール・手紙・文書・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい使い方、注意点について。

ビジネスメールの例文つきで誰よりも正しく解説する記事。

この記事の目次

「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」の意味

まずは意味のまとめから。

「ご厚情」の意味は「厚いなさけ」

「ご高配」の意味は「厚いなさけ。心からの深い思いやりの気持ち」

「ご厚情」のもととなる単語は「厚情」であり尊敬語「ご」をつかって敬語にしています。

「厚い」をつけることによって単なる「情け、思いやり」ではなくもっと深い、「心からの情け、思いやり」という意味になります。

「ご厚情を賜り」の意味は「厚いお情けをもらい」

「ご厚情を賜り」の意味は「厚いお情けをもらい」「心からの深い思いやりの気持ちをもらい」

「賜る(たまわる)」は「もらう」の謙譲語であり、かしこまったビジネス文書やメールなどでよく使われる敬語です。

たとえば、

  1. 「平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます」
    意味「お心遣いをもらいありがとう」
  2. 「お力添えを賜り、厚くお礼申し上げます」
    意味「手助けしてもらいありがとう」
  3. 「今後ともご指導を賜りますようお願い申し上げます」
    意味「指導してもらうようお願い!」

のようにして使いますね。

「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」の意味は「厚いお情けをもらいますよう、お願いします」

  1. ご厚情 = 厚いお情け、心からの思いやり
  2. 賜りますよう = もらいますよう

これらの単語を合体させて意味を考えます。

すると「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」の意味は…

「厚いお情けをもらいますよう、お願いします」
「心からの思いやりをしてもらいますよう、お願いします」

のように解釈できます。直訳するとなんとも厚かましい意味になりますねぇ…

「思いやり」とか「お情け」って相手からの厚意であって、相手にせがむべきものじゃないと思うのです。

要は「今後もよろしく!」だと覚えておけばよい

「思いやりしてもらえるよう、お願い!」ってよくよく考えるとかなり変な意味です。

これは直訳。

で、ビジネスシーンに使われるときはもっとシンプルに意訳して「今後もよろしく!」の意味だと考えればOKです。

特定の場面でしか使わないフレーズですので、使い方についても見ておきましょう。

「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」の使い方

つづいて「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」の使い方について。

使い方①何かしらの挨拶ビジネス文書・メールの結び

使い方はおもに2つ、①挨拶ビジネス文書あるいは挨拶メールの結び・締めの挨拶か、②お願いのビジネスシーンで使います。

といってもほとんど決まりきった使い方しかしません。

  • 例文「今後ともご厚情を賜りますようお願い申し上げます」
  • 例文「今後ともご厚情を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます」
  • 例文「今後とも倍旧のご厚情を賜りますようお願い申し上げます」
    倍旧の」は「より一層の」という意味

のようにして、挨拶をともなうビジネス文書やビジネスメールで結び・締めくくりとして使われます。

挨拶の中には「就任の挨拶」「着任の挨拶」「退任の挨拶」「本社移転の挨拶(案内)」などがありますね。

具体的にはたとえば、社外にむけて就任の挨拶文書やメールをするとき。

「このたび、執行役員に就任いたしました。(中略)今後とも倍旧のご厚情を賜りますようお願い申し上げます」

みたいにメール結びとして使えます。

まぁ、ようするに「今後もよろしくね!」という意味なのです。難しいようでしたら「今後もよろしくね!」のカッコつけた表現だということを覚えておけばよいでしょう。

おなじような表現としては、

「今後とも倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます」
「今後とも倍旧のご指導を賜りますようお願い申し上げます」
「今後とも倍旧のご支援を賜りますようお願い申し上げます」

もあります。

※ それぞれ別の意味ですが言い換えたとしても違和感はありません。

使い方②自分のワガママでお願い・依頼するとき

あるいは、とくに自分のワガママで依頼・お願いをするシーンにおいて「どうか思いやりをしてもらいたい、よろしく!」のようなニュアンスで使ってもよいでしょう。

たとえば「食品アレルギーがあるので、卵料理のないお店にしてほしい」とき。

「食品アレルギーのため、卵料理全般がNGです。何卒ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」みたいな感じ。

普通に見積もりをお願いしたり、資料の取り寄せを依頼したり、サンプルを依頼したりするときには必要のないフレーズです。

ただし繰り返しにはなりますが、

「ご厚情」するのはあくまでも相手の厚意であるため、相手に「ご厚情してほしい=心からの思いやりを持ってほしい」と要求するのは、なんとも厚かましい感じがします。

とくに目上のヒトに何かをお願いするときには「お取り計らい」をつかい、「お取り計らいのほど、何卒よろしくお願いいたします」などのようにするのが無難です。

➡︎「お取り計らい」意味と目上の方への正しい使い方【例文あり】

使い方のまとめ

使い方をまとめると…

使い方①の何かしらの挨拶におけるメール結び・締めに使うケースがほとんど。

使い方②は使えることは使えるけど一般的ではない…

とお考えください。

ご厚情を賜りますよう/ご厚情を頂きますよう〜の違い

ここで少し横道にそれます。

「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」と似たような表現には、②ご厚情を頂きますようお願い申し上げます、があります。

これって何が違うのでしょうか?

「ご厚情を賜る」「ご厚情をいただく」の意味はどちらも、

「ご厚情=厚いお情け、思いやり」を受ける・もらうこと。

※「もらう」の謙譲語が「賜る・いただく」

となり、どちらもまったくおなじ意味です。

敬語としてみると「賜る(たまわる)」と「頂く(いただく)」はどちらも「もらう」の謙譲語。

ということでどれも大差ありません。

かしこまったフレーズは「賜る」

上記はいずれを用いても丁寧な敬語フレーズですが強いていうのであれば、どれくらい「かしこまったフレーズであるか」という点でビミョーに違います。

「いただく」よりも「賜る」のほうが、よりかしこまった印象となりますね。まぁどちらを使っても丁寧ではありますが…

ということなので、かしこまったビジネス文書でよく目にするのは「賜る」のほうです。

「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」類語と言い換え

「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」の類語と言い換えについて。

ビジネスシーンでも使える言い換え表現をざっくりまとめておきます。

ご厚情を頂きますようお願い申し上げます

ビジネスシーンで使える「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」の言い換え・類語

すでに登場しましたが「賜る」は「あずかる」「頂く」に言い換えることができます。おなじく、何かしらの挨拶メールや挨拶文書・手紙においてメール締めとして使うとよいでしょう。

すると以下のようなフレーズも同じように使えますね。

  • 例文「今後ともご厚情を頂きますよう何卒お願い申し上げます」
  • 例文「今後とも倍旧のご厚情を頂きますようお願い申し上げます」
    ※「倍旧の」は「より一層の」という意味

ご高配を賜りますよう/ご高配を頂きますようお願い申し上げます

ビジネスシーンで使える「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」の言い換え・類語

続いてオーソドックスなのが「ご高配を賜りますようお願い申し上げます」です。

「ご高配」の意味は「お心配り、お心遣い」であり、ここで使われる「高」は相手を高めるために使う尊敬の表現をふくみます。

使い方は「ご厚情」と似たようなシーンで使われますので、おなじく、何かしらの挨拶メールや挨拶文書・手紙においてメール締めとして使うとよいでしょう。

  • 例文「今後ともご高配を賜りますようお願い申し上げます」
  • 例文「今後ともご高配を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます」
  • 例文「今後ともご高配を頂きますようお願い申し上げます」
  • 例文「今後とも倍旧のご高配を賜りますようお願い申し上げます」
    ※「倍旧の」は「より一層の」という意味

お引き立てを賜りますよう/お引き立てを頂きますよう~

ビジネスシーンで使える「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」の言い換え・類語

つづいて「お引き立てを賜りますようお願い申し上げます」

「お引き立て」の意味は「お世話になること」であり、とくにビジネス文書の挨拶文で「ご厚情」と同じくよく使います。

おなじく、何かしらの挨拶メールや挨拶文書・手紙においてメール締めとして使うとよいでしょう。

  • 例文「今後ともお引き立てを賜りますようお願い申し上げます」
  • 例文「今後ともお引き立てを賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます」
  • 例文「今後ともお引き立てを頂きますようお願い申し上げます」
  • 例文「今後とも倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます」
    ※「倍旧の」は「より一層の」という意味

ご愛顧を賜りますよう/ご愛顧を頂きますよう~

ビジネスシーンで使える「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」の言い換え・類語

つづいて「ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます」

「ご愛顧」の意味は「お引き立て」と似たようなもので「お世話になること」であり、とくにビジネス文書の挨拶文で「ご厚情」と同じくよく使います。

おなじく、何かしらの挨拶メールや挨拶文書・手紙においてメール締めとして使うとよいでしょう。

  • 例文「今後ともご愛顧を賜りますようお願い申し上げます」
  • 例文「今後ともご愛顧を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます」
  • 例文「今後ともご愛顧いただきますようお願い申し上げます」
  • 例文「今後とも倍旧のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます」
    ※「倍旧の」は「より一層の」という意味

その他いろいろ(ご支援・ご指導・お付き合いetc)

ビジネスシーンで使える「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」の言い換え・類語

あとは場合によっては使えるであろう言い換え・類語を紹介します。

  1. 今後とも変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます
    意味「今後も変わらず愛用してもらうようお願い」
  2. 今後とも変わらぬご支援のほどお願い申し上げます
    意味「今後も変わらず支援してもらうようお願い」
  3. 今後とも変わらぬお付き合いのほどお願い申し上げます
    意味「今後も変わらず付き合いしてもらうようお願い」
  4. 今後とも倍旧のご指導を賜りますようお願い申し上げます
    意味「今後も指導してもらうようお願い」

【注意点】ご厚情はこう使う!

つづいて「ご厚情」を使うときの注意点を解説します。

敬語を正しく使うことはもちろん、ふさわしいビジネスシーンを考えて使いましょう。

ビジネス文書で使うときは時候の挨拶も入れる!

「ご厚情」をつかうときの、一連の流れとして覚えていただきたいこと。

ビジネス文書で使うとき「平素は格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます」の前に時候の挨拶を入れましょう。

そして「拝啓~敬具」もあわせて使います。

すると以下のような感じ。

  1. 企業向け「拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます (本文) 敬具」
  2. 企業向け「拝啓 ●●の候 貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます (本文) 敬具」
  3. 個人向け「拝啓 時下ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます (本文) 敬具」
  4. 個人向け「拝啓 ●●の候 xx様におかれましては益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます (本文) 敬具」

かみくだくと「最近どうよ?世話になっててありがとう!」というような意味となります。

季節ごとに「●●の候」というような季語を使うこともありますが…最近では上記のようにオールシーズンで使われる時候の挨拶しか見たことないですね。

➡︎ ビジネス挨拶文の例文50選(文書・メール・年賀状・時候ほか)

➡︎ ビジネスメールでの「拝啓・敬具」の書き方と位置

かしこまった言い方であり、ビジネス文書や手紙でよく使う

「ご厚情」はかなりかしこまった表現であるため、普段のビジネスメールや会話では使いません。

公式な挨拶が必要となるシーン、

たとえば「ビジネス文書」「手紙」「暑中寒中見舞いハガキ」「年賀状」「転勤の挨拶メール」といったビジネスシーンで使われます。

普段のビジネスメール結びや締めくくりに使ったらダメという訳ではないですが、ほとんど目にしたことがありません。

もちろん異動の挨拶・就任の挨拶・転勤の挨拶・赴任の挨拶・退職の挨拶メールなど、公式なビジネスメールではよく使われますが…

あくまでも普段づかいのビジネスメールではあまり目にしないという話。

【参考】「取り急ぎお礼まで」を目上の人に使わない理由・丁寧な言い換え

ビジネスでは何かとお世話になってばかり。だから「ご厚情」を使う

ビジネスは一人では成り立ちません。

私たちは社内の先輩や上司、社外のパートナーなど、まわりの人々にいつも助けてもらいながら仕事をしているのです。

そういう意味でビジネスメールでは誰かにお世話になりっぱなしなのです。

そんなお世話になっている相手に対して「今後もよろしくね!」といった挨拶や「日頃からお世話になっています」などのような挨拶の意味を込めて使うのが「ご厚情」です。

「ご厚情してください」はNG!

きわめて初歩的な敬語の使い方なのですが…

「ご厚情」するのはあくまでも相手の厚意であるため、相手に「ご厚情してください=心からの思いやりをください」と要求するのは、なんとも厚かましい感じがします。

これは受け手の感情次第であり、そんなことは考えずに使っているヒトがほとんどだと思いますが…

とくに目上のヒトに何かをお願いするときには「お取り計らい」をつかい、「お取り計らいのほど、何卒よろしくお願いいたします」などのようにするのが無難です。

「お取り計らい」意味と目上の方への正しい使い方【例文あり】

【シーン別】違いと使い分け

「ご厚情」のビジネスシーン(メール・手紙・社内上司・社外・目上・就活・転職)にふさわしい使い方と、敬語フレーズを使った例文をみてきましたが…

こんなときにはどれを使う?

というビジネスシーンごとの使い分けを整理しておきます。

ビジネス会話なら…

  • 例文「よろしくお願いします」

会話で「ご厚情」という表現はなかなか使いません。「よろしくお願いします」で十分に丁寧です。

ビジネスメールなら…

  • 例文「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」
  • 例文「今後とも変わらぬご指導のほどお願い申し上げます」
  • 例文「今後とも変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます」
  • 例文「今後ともご高配を賜りますようお願い申し上げます」
  • 例文「今後とも変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます」

ビジネスメールの場合、シンプルなフレーズではなくよりかしこまった表現を使うと好感度UP。ただしビジネスメールの結びは基本、「今後もよろしく」的な例文で事足ります。

公式な挨拶文・手紙・メールを書くときにだけ「ご高配」「ご厚情」といったフレーズを使うとよいでしょう。

ビジネス文書や手紙なら…

  • 「拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
    平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。 (本文) 今後とも倍旧のご高配を賜りますようお願い申し上げます 敬具」
  • 「拝啓 ●●の候 貴社におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
    平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。 (本文) 今後とも変わらぬご厚情を賜りますようお願い申し上げます 敬具」

ビジネス文書や手紙ではほんとうに「ご高配」をよく使います。送り状・添え状から見積もり書にいたるまで、ほとんどすべてのビジネス文書(社外むけのみ)に使われます。

また「ご高配」の代わりに「ご厚情」「お引き立て」「ご愛顧」をもちいてもよいでしょう。

➡︎ビジネス挨拶文の例文50選(文書・メール・年賀状・時候ほか)

「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」のビジネスメール

さいごに「ご厚情を賜りますようお願い申し上げます」を使ったビジネスメールや文書の例文を紹介します。

サービス終了のお知らせ文書・例文

平成29年8月28日

株式会社ビジネス
ビジネス文書部 ビジネス太郎 様

〒123‐4567
東京都渋谷区○○1-1-1 渋谷ビル13F
株式会社レター文書
営業部
担当:転職 一郎
TEL/FAX:xxx-xxxx-xxxx/oooo
e-mail:shukatsu@shukatsu

●●サービス終了のお知らせ

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、平成29年12月31日をもちまして下記のとおり●●のサービスを終了とさせて頂きます。お客様には大変ご不便をお掛け致しますが、何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。
今後とも倍旧のご厚情を賜りますよう何卒お願い申し上げます。

敬具

・終了サービス      : iPhone 5サポート(平成29年12月31日にて終了)
・代替サービス      : iPhone 6以降のバージョンへ移行をお願いいたします

以上

参考記事

➡︎「ご厚情」の意味とビジネスにふさわしい使い方・例文
➡︎「ご厚誼」「ご交誼」「ご高配」「ご厚情」の意味と違い、使い分け